ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 親父は釣りに行った | main | 人来たり、人去り >>
2016.03.12 Saturday

掻き落とし

JUGEMテーマ:陶芸

  「掻き落とし」とは、

 化粧を塗った後に、それを掻いたり、削ったりして文様にする技法の事。

ただ文字通り塗った後の処置でなくても、初めからマスキングしてその上に化粧を塗って、

化粧を載せた後に、そのマスキングを外しても掻き落としといえます。

 

   
   (ピンクに窯変した様子が、掻き落としの文様とマッチしていてよい感じ)
 
 上の画像は典型的な掻き落とし文様。

うちは化粧を窯変させる事を一番の売りにしているので、この技法は秀高窯の得意技の様なものでもあります。


  以前蝋抜きという技法をご紹介しましたが、

蝋抜きは釉薬の掛かっているところとそうでないところで、文様としていましたが、

これは化粧が掛かっているか否かというところで、デザインする技法です。


  
    (母上作。上記のものも然り。これは両方とも同じ技法で、しかも同じ窯に入れたもの。
  窯変の偶然性でここまでニュアンスが変わります)

 
 似ていると言われれば、確かにそうですが

明確にこの技法は差別化されて然るべき理由があります。


 それは化粧を掛けた上には、必ず(セオリーとして)釉薬を掛けますので、

掻き落としと蝋抜きという技法は両立し得るのです。

 またこれは蝋抜きと言って良いかわかりませんが、

釉薬をマスキングする事により別の釉薬を掛け分ける事も可能であり、

そういう意味では、かなり技法として別物だという事が出来ます。

 
 
  また私が覚えていたら(重要)、

次の窯に各々の技法の特色を出したものを皆さまが忘れた頃にUP致します。


    
 
コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album