ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 眼中を遊泳する芥を眺むる | main | 鉄釉に梅を生ける >>
2016.02.19 Friday

俺の名前を言ってみろ!

JUGEMテーマ:陶芸

 表題は有名な台詞を拝借。


 「大村 倫一」(おおむら りんいち)

 大層有難い名前ですが、発音が口の中でもごもごするので余り好きではないんです。

今はもう慣れましたが、ガキの頃は良くからかわれました。

 不倫だの乳輪だの淋病だの。ガキは加減を知らないから恐ろしい。

加えて中学時代、ALTのオーストラリア人はどうしても私の名前が発音出来ず、

暫く私の名前はリニチでした(rinichi故に彼女を責める事は出来ない)。


 有難い名前を頂いたのと同時に、

ぴかちゅう君とかしいざあ君とかにしなかった親に感謝しなければならないが、

名前に憧れを抱くのは許されるであろう事。

 そんな事を未だに考えるのは、

私の精神年齢が十代くらいだからでしょう(smells like teen spiritて奴です)。

 
 とりわけ陶芸家の名前はペンネーム?で名乗る人が多い事もあり、格好良い名前が多い。

私の一番は 泥華(でいか)。
 
 汚い泥と美しい華の相対する並び。

汚い土くれを作品に仕上げるという陶芸家の矜持。しかも風流であり、口にだしても格好良い。

これならガキの頃からかわれても、大人になって大枚のおつりがきます。


 それから休雪(きゅうせつ)も良い。

字から意味は解釈出来ないが、乳白釉(と透明)の大家だけに「雪」の一字が映えます。

口に出した感じもシャキッとした感じで良く、この名前は何より風流なのが良いです。


 波山(はざん)。

どうやら筑波山からとったらしい。格ゲー(格闘技ゲームの略)の技の名前っぽい響きがあり、

そこは若干いただけないが、字面は風流であるし、

何より口にだした時の響きが良い。とりあえず「りんいち」とは声に出してみてえらい違いだ。

 陶聖の名前であるだけに、有難さがすごい。


 由緒正しい陶芸家は祖先の一番偉大な名前を踏襲するので、本当にその名前になるのですが、

元はといえばそもそも芸名みたいなもんだったわけで、そら格好良いわけですよ。


 という事は、私も偉くなったら改名しても良いかもしれない。

今のうちにそれを考えておくのも悪くない。

とりあえず奇を衒いつつ格好良い名前をと考えたら、「セイン・カミュ」が思い浮かんだ。

しかし私の顔は外人風にどう頑張っても「ウィラポン」的な顔なので、

大人しく「りんいち」で行くのが良いかもしれない。

 

 
 (上の画像をクリックすると私にポイントが入ります。
  ご面倒だろうとは思いますが宜しくお願い申し上げます。)
コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album