ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 続・Yさんの場合 | main | もっちゃんの場合 >>
2016.02.01 Monday

プロ陶芸家失格。

JUGEMテーマ:陶芸

 
 (画像では大した事無い様に見えるが、かなり血がどばどば出た。だが結果的にやはり大した事は無かったです。)


 1週間程前の事、実を言うと新しい化粧を仕込む際、

ポットミル(推定体重45キロ)を電気でローリングする渡しに載せようとしたところ、

上手く載せる事が出来ず、ミルと渡しに右手の親指が挟まりかけた。

 超人的な反射神経で、何とか完全挟まりは避けたが、上の皮を持っていかれてしまい、

暫く手に力が入らない状態になりました。


 
(画像ではわかり難いですね)

 時を同じくして、左手。

少しわかり難いが、中指第二間接と小指第二間接に僅かに赤みが差しているのが確認出来ると思われます。

土に粒子の粗い砂を大量に混ぜロクロ成形すると、摺れて軽い裂傷が起きるのです(特に強くロクロのテーブルを触った場合)。

これがヒリヒリして痛い。


 両手の指が痛く、その日予定していたロクロが轢けなくなりました。

(厳密には轢いたが作品にならなかった為、全て没にした。です)

 ミルに挟まれたのは軽率でした。もっと注意してミルを載せていれば、こういう事は回避出来たはずです。

左手の中指、小指も、砂を大量に混ぜて作陶する日程を細かに設定していれば、その日のロクロに影響がなかったはずです。


 厳しい見方をすれば、こういう事はあってはならないと思います。

ですが、約束の期日を破ったわけでもなく、人様に粗相をしたわけでもない事ですし、

私自身もう少し優しい目で見てあげても良いとも思います。そして出来れば次に打ち明ける事も。

 

 実は今回の最大の戦犯は実は左手人差し指。

 
 前日の夜の事。ベースがスラップしたファンキーな音楽を聴いていた私は、

テンションがむっっちゃくちゃ上がってしまい、

弾けもしないのに学生の頃買ったベースを取り出したのです。

15分くらいか。マメが出来て、しかもそっこうで潰れるマメ。


 まだ右手は手の甲側なので問題無いんですよ。左手中指も小指も我慢すれば差し支えない範疇です。

だが、左人指し指。これは致命傷。

ロクロ成形する際、左手の人差し指で外側から強い圧力をかけて作陶しますので、

この左人差し指上が一番の生命線なんです。

とんでもない馬鹿したけれど、この日一日を犠牲にしただけで、

直ぐ仕事が出来る様になったので、助かりました。


 次からはこういう事が無い様、もっと指の皮を厚くする必要があります。

だから全ては陶芸の為に、もっとベース練習しないといけません。

陶芸家は大変です。


 

 
コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album