ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 西部伝統工芸展入選 | main | 窯から出てきたもの >>
2018.06.08 Friday

後のぐい呑み鑑賞

JUGEMテーマ:陶芸

 

 さて久々のぐい吞み鑑賞と行きましょう。

段々と表現が激しくなっているのを感じています。今回のそれは比較的大人しいものが多いですが、

次回辺りからはもっと形が激しくなっているものが多いと思われます。

ぐい吞みは暴れている方が楽しいです。

そしてそんなものを作ってると高揚します。

   

 

    

    

    鉄赤ぐい吞み。これはこのままで、もっと赤い釉薬も欲しいですね。

    景色は特に狙ってなくて出ています。

 

 

    

     高台も釉掛けも比較的おとなしめ。

 

 

    

    味があって悪くは無い。寧ろ中々宜しい。

 

 

 

    

    青瓷ぐい吞み。青瓷を作りたくて、

    でも出来なくて青瓷作りとは全然違うアプローチから出来た青瓷。

 

 

    

    本来の青瓷は青磁だが、陶器の土を使っている為、敢えて「青瓷」を使っています。

 

 

    

    はやり正統派の青瓷ならば、内側も均等に釉がかかっていた方がいいですね。

 

 

 

    

    粉引ぐい吞み。美しい窯変。

 

 

    

    

 

 

 

 

    

    形にも遊び心があって悪くない。内側の窯変の色が写真に出ていないのが残念です。

    これもっと綺麗なんですよ笑

 

   

    

    

    乳白釉流れぐい吞み。今回一番情熱的なのはこれ。

 

 

    

    窯トラブルのハプニングにより、想定の範囲外の釉流れが起きたぐい吞み。

 

 

    

    素地を削ったニュアンスがまんま残っており、焼き締めした様な風合いになっています。

    乳白釉の飛び具合も激しく、非常に有難い感じに仕上がっております。

    水滴の様な乳白がクール。すげぇw

 

   

 

 以上が今回観てきたぐい吞みですが、

作っていくにつれ、高台の削り方や口のつくり、それから釉掛けなどどんどん遊び心が増してきているのを実感します。

というかそういう表現が前からしたかったのに、技量が足りなくて出来なかったというのが正しいニュアンスです。

恐らくはこれからもっと遊びが増えていくと思いますので、どうぞその経過を観て楽しんで頂ければ幸いです。

 

 

   

  (↑の画像をクリックして頂ければ、大変励みになります。どうぞよろしくお願いします。)

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album