ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 持山縁(もっちゃん)氏、(今更ながら)有田国際陶磁展入選のご報告 | main | 後のぐい呑み鑑賞 >>
2018.06.05 Tuesday

西部伝統工芸展入選

JUGEMテーマ:陶芸

 

 私、大村倫一は西部伝統工芸展に初出展し、

無事入選する事が出来ました。

 

今回は組み皿と壺の2つを出展したのですが、

合否を通知して頂く返信用封筒を提出し忘れた為、新聞に名前が掲載されている事にて確認。

その為、自分の何が入選したのか未だにわかっておりません。

 

 その為に色々どういう表現で発表すれば良いのか逡巡するあまり

今に至ったといういうわけです。

で結局上記の通り、そのままわからない事をそのままお伝えする事にしました。

 

    

      組皿はこれ。写真は焼成前。

 

  

    

     焼成後の組皿「赤粉引き組皿」です。

 

 

    

    「赤粉引き壺」焼成前の画像は見当たらず。

 

 

 粉引というジャンルは以前も少し説明した通り、

鉄分の多い素地に白い粘土を掛けたり塗ったりすることによって、白さを演出するというものです。

ずぶ掛けでないと粉引きではないとか、ピンクやオレンジっぽい斑点が出る御本手すら

粉引きとは呼ばないという原理主義の方もいるので、

タイトルは相当に無知か無恥と思われ兼ねません。

 ですが私なりの解釈にて敢えてこのタイトルをつけて出品しました。

若輩者に加え、拙劣な出来である為タイトルも若気の至りに見られるきらいもありますが、

そこはその認識通り若気の至りという事で、暖かい目で見守って頂ければ幸いです。

 

 

 6/5〜6/10まで福岡三越にて、6/20〜6/25まで熊本鶴屋百貨店にて展示されます。

 

 

(↑の画像をクリックして頂ければ、大変励みになります。)

 

 

  

 

 

   

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album