ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 土に還るまで | main | 窯開きのご案内 >>
2018.04.08 Sunday

西部伝統工芸展の搬入に行く

JUGEMテーマ:陶芸

 

 去年締め切り日間違いにより、出品できなった西部伝統工芸展。

よって今年が初出品となります。

 

   

   (出品した組み皿。焼成前段階のもの)

 

 搬入場所が博多駅出てすぐのところである為、

壺と組み皿を両抱えで電車で持って行ったのですが、これが非常なる大誤算。

人を殺せる程重い壺が仇となり、上腕二頭筋の乳酸地獄に。

駅降りて搬入までに5回も休憩しました。

 

 さて何とか無事到着しましが、受付が中尾純さん、太田富隆さん(と思われます)、

酒井田柿右衛門さんというお歴々。

陶芸をご存じない方には柿右衛門くらいしかご存じないかもしれませんが、

野球で言えば、内川松田柳田が受付している様なものです。

 

 さて、単なる受付なのでヒビなどないかどうかのチェックをされるだけなのですが、

私のぶっ細工なバッティングフォームを検分されている様な気分で非常に恥ずかしい。

まだし〇り〇の穴を検分された方が気分的に楽でした。

 

 なんとか受付を終え、建物の外に出ると

空の箱とそれを支える二の腕の痛みが。

後は1か月後くらいに来るものが、空の通知と胸の痛みでは無い事を祈るのみです。

 

 さて、このブログは本当は書きたくなかったのですが

(もちろん落ちたら恥ずかしいからです)、

落ちているのを秘匿する方が個人的にはもっと恥ずかしいので、

逃げれない様にここに記しておくことにします。

 と言いつつ、万が一合否の発表が無い場合察して頂けると大変にありがたいです。

 

 

 

   

 (↑の画像をクリックして頂けると大変助かります。)

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album