ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 何度目かのぐい吞み鑑賞 | main | シャンパンクーラーその後 >>
2018.02.28 Wednesday

新釉薬

JUGEMテーマ:陶芸

 

  パソコンの再度の不具合で修理行きになり、1か月近くも戻って来なかった事もさることながら、

 

 私の陶芸のネタが尽きてしまい、久方ぶりの更新となった事をお詫び申し上げます。

 

 生徒のYさんに「いや〜パソコンが1か月くらい壊れちゃって。。」

 

 と言ったら、それだけじゃ言い訳にならないよねと言われてしまいました。

 

 その通りだよ笑!

 

 

  今回は、数か月の釉薬のテストの結果から漸く

 

 使えるものが出来たのでそのご報告です。

 

       

   ひびの様な模様は貫入といいます。素地と釉薬の収縮の違いにより生じます。

 

 

       

   自然なろくろ目と、高台際の珪砂のじゃりじゃりした感じが出ていて、

  ろくろも削りもまずまず。

 

 

 

       

  厚い施釉にも関わらず光沢が無いのが良いところ。気に入っています。

 

 

   大きなな貫入の入ったぐい吞みです。

 

残念ながらもっちゃん奪われてしまい、彼女のコーヒーカップとなっていて、

 

しかもこれは私が育てた(窯から出た当初は貫入が入っておらず、コーヒーを飲むたびに貫入が強調されてきたので

 

正しい表現です。確かに彼女が育てました。でもこれは私が土作って、私がろくろひいて、

 

私が削って、私が作った釉薬施釉して、私が焼成したものです)とか言っているので、

 

しょうがないから、もう一回作る事にします。

 

 こういう時に限って再現出来なかったりするんだよなー。

 

 

   

 (↑の画像をクリックして頂けると、大変励みになります。何か怪しいところへ飛んで行ったりはしませんので、

  よろしければ宜しくお願いします。)

 

 

  

 

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album