ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 辰砂 | main | 何度目かのぐい吞み鑑賞 >>
2017.09.12 Tuesday

これも陶芸家の業

JUGEMテーマ:陶芸

 

 タイトルは「わざ」ではありません。「ごう」です。

 

 今の場所に移ってきて18年。

 

幾多の作品を作り、壊し、その度に洗面器や板や工具を洗ってきたわけです。

 

 

    

    (詰まりよるんですわ。まだなんとか流れますが、Xデーは間近)

 

 

 その為、重い腰を上げてやりましたよ。どぶ浚い。

 

 

    

    (見切れているのは親父)

 

  恐らく側溝20メートル分高さ30センチ程、土砂や粘土が堆積していました。

 

 更にはツツジの様なぱりぱりの草が網状脈の様に根をはっていて、スコップが刺さりません。

 

 

    

    (長靴というものを所持していない私はサンダルで浚いました号泣)

 

 草を刈り取って、そして排水溝に繋がるパイプを見つけ、そこから下流方向の土砂を全て浚いました。

 

 堆積総量の3割程度しか浚ってませんが、水通りは良くなったし、尋常ならざる疲れに親父共々襲われたので、

 

 ここで終了という事に。

 

 

 後は浚った大量のどぶを捨てるだけですが、

 

それは明日に繰り越しです泣。

 

 

 

  

 (↑の画像をクリックして頂けると、大変励みになります。)

 

   

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album