ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 陶芸力 | main | Yさん組皿が完成する >>
2017.09.01 Friday

again and again

JUGEMテーマ:陶芸

 

 前回の続き

 

 窯の修復が終わり、素焼きを完成させ、完全復活かにみえたうちの窯ですが、

 

本焼きの最中に温度が上がらない事態が生じました。1100度くらいまで上がる設定のところ、

 

700度くらいにしか上がっていませんでした。

 

 前回、前々回とブレーカーが落ちていたのですが、今回のトラブルはブレーカーも落ちておらず、

 

明らかに前回とは違う問題です。外回りを確認するも問題なかったので、

 

親父はカンタル線同士の接地と予測。しかし窯を開けて調べるも結果は問題なし。

 

 ただ症状は、4段ある線の内、上の2段の温度が上がっていない事が判明。

 

 

    

    (特に上下の線同士が接地すると温度が上がりません。

     経年劣化によって線が垂れたり寄れたりして接地が生じます。)

 

 その為、前回取り換えた碍子の再交換。童仙房(粘土)が

 

微電流流してるんじゃないかと推測して(計測すると本当に流れていました)、

 

それも取り払いました。

 

 その上で、再度電源を入れてみるが効果なし。

 

絶望して(この時の絶望感はけっこうなかなかのもんですよ笑)、私は作陶場に退避。

 

 その直後、すぐに親父が原因を突き止めました。

 

 

    

    (この一番上のとこです)

 

 

 原因は、外側の線の一本が外れていた事。

 

色々表の部分に問題が起こっていた(しかも表の上の碍子2つ部分)為、意識がそっちに集中していたこと。

 

外側は暗いのでよく見えなかったのも要因です。

 

 

 労力を尽くした割には、そんな事しなくても直っていた感があり、

 

精神的に非常に疲れましたが、直って本当に良かった!

 

 願わくば、もうこんな事が起きずに、楽に窯を焼かしてください。

 

 

   

  (↑の画像をクリックして頂けると、とても励みになります。)

    

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album