ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 窯トラブル〜again〜 | main | again and again >>
2017.08.24 Thursday

陶芸力

JUGEMテーマ:陶芸

 

 陶芸力。それは作品を完成させる力を表す言葉とするならば(今私が考えました笑)、

 

その陶芸力の違いはどこで表れて来るのか。私が思うに「土に対する知識の差」

 

これが核心を突くポイントだと思います。

 

 例えば、たたらでものを作る時、たたらに向いた土の選び方。土の乾燥具合の見極め。

 

そして土の乾き方を想定した乾かせ方。これは全て知識です。

 

 

     

    (象嵌くり抜き花器。くり抜いた後底を貼りますが、この接合もタイミングが非常に命。

      私はよく失敗します。でも親父は失敗しない。後ろのそれはもっちゃんの珍獣(inu)。)

 

 化粧を塗る時の土のタイミング、化粧の固さ、化粧がのりやすい成分調整。これも知識。

 

ロクロ引きの際の、立ち上がりの厚みの決め方、皿ならその開く角度と立ち上がりの厚みと土の固さのバランス。

 

これも知識です。

 

 今挙げた要素のほとんどは、地味ですが失敗すると作品自体が没になるほど大切な部分です。

 

   

     

     (くり抜き花器。化粧や釉薬がまだ未定。気に入っているだけに迷い中)

 

 

  陶芸は当然造形する力、何かをデザインする力、そして色や質感を含め総合的にどう作品にするかを見通す力 

 

 それを表現する為の釉薬や化粧を創り出し、焼く力 など

 

色々な力が求められるのですが、出来の悪いものでもなんでも、とにかく完成させなければ話しになりません。

 

 

 陶芸と言えば、形や焼きやデザインなどわかりやすい部分にばかり目が行きがちですが、

 

例えば接合させるタイミングだけとっても、そこには大いに経験と知識が必要なのです。

 

 展示場を覗けば色々な完成された作品しかありませんが、その陰で恐ろしい程の失敗を繰り返しながら

 

漸く完成に至っているのをちょっとだけ知って頂ければありがたいです。

 

 けっこう割れたり、ヒビ入ったりするんですよ笑

 

 

   

  (↑の画像をクリックして頂けると、とっても励みになります。)

 

 

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album