ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< Yさんお上品な作品を作る | main | くり抜き >>
2017.07.25 Tuesday

小石原焼きと福島善三さん

JUGEMテーマ:陶芸

 

 小石原から初めて人間国宝が誕生しました。

 

人間国宝という肩書に色々思われる方がいらっしゃると思います(人間国宝が皆すごいわけではないなど)が、

 

現代の陶芸において人間国宝になっておられる方は皆

 

間違いなく素晴らしい作品を発表しています。

 

 そして福島さんの作品も、前例に漏れなく、私の様な若輩者から見ても素晴らしい作品を発表しておられ、

 

過去の人間国宝の方々と比べても何の遜色もない方だと思います。

 

 

 以前の鉄釉の作品などからずっと評価されてきた方ですが、現在は中野月白釉と飛び鉋を彷彿とさせる文様で

 

作品が構成されています。何が凄いのか簡単に言うと、

 

まず釉の色と質感。仄かに青白くて美しく、この色と質感は福島さんしか出せない表現であること。

 

(恐らく釉がかかっていないであろう)黒のラインを残すセンス(素地の黒のラインがすごく効いています)。そして形。

 

全てが調和していている事。

 

 色々書きましたが、何より作品に気品がある事が一番素晴らしい。

 

天皇のバックに島岡達三の皿が飾ってありましたが、あれが福島さんの作品であっても雰囲気に調和すると思います。

 

ご覧になった事が無い方は、是非一度自分の目でご覧なると良いですよ。

 

 

 今回小石原は水害の影響で、多くの窯元が大きな惨害に合われています。

 

今回の福島さんの認定がきっかけとなって、一刻も早い復興を願ってやみません。

 

 

 実は私の窯の生徒さんがボランティアに行かれました。

 

彼女の事を非常に誇りに思うと同時に、私は自分の身の回りの忙しさにかまけ、

 

自分の事の様に気持ちに共感していたにも関わらず、

 

ボランティアという発想自体浮かばなかった事に、罪悪感と自己嫌悪に苛まれました。

 

でも結局何もしていません。やはりボランティアも現状出来ません。

 

 ですが何か私でも出来る事を考え、それを実行する事で力になろうと思っています。

 

 

    

   (↑の画像をクリックして頂けると、非常に励みになります)

 

 

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album