ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< stairway to hell | main | 箱書き >>
2017.04.17 Monday

stairway to hell 2

JUGEMテーマ:陶芸

 

 前回のあらすじ

  

  −受注した特注品の期限は2か月。1か月間かけて仕込んだものが全滅。打ちひしがれる俺。

 

   残り1か月と迫る期限。同時に迫る展覧会の期日。果たして事の顛末や如何に(前回何とか納入したと書いたけど)

 

 

    

    (粉引きタイプ)

 

 

 まず依頼主様に文様の変更と色と技法のバリエーションを増やして良いか(保険の為)了承頂き、

 

休日も返上しながら、保険をかけるべく量産しました。

 

 

 

    

   (飴釉タイプ)

 

 素焼きが始まる頃、3/15前後です。期限まで約2週間のところ。

 

展覧会の期限もほぼ同じの為、教室の人用と自分用で素焼き2回、本焼き2回を月末までにやる事に。

 

教室の方用のスケジュールは事前に決定している為、動かす事は出来ません。

 

その為合間を縫って、ハイカップに文様入れて釉掛けして、尚且つ大作×3の釉掛け。

 

 

  加えて不幸は重なります。

 

以前から計画していた親父が長期旅行に笑 母親が急遽入院(もうすっかり元気です)、

 

もっちゃんも沖縄に行ってしまい、それ以外の窯の雑務と家事までを1人でこさなければならないという事態に。

 

  

結果、

 

 何かよくわからない精神状態になりながらも、

 

ぎりぎりで帰って来た皆様の力添えのお陰もあり何とかあるものを除いて期日に全て間に合いました。

 

 

     

    (教室の人も含めみんなで私の包装を手伝って頂いているところ。むちゃくちゃ助けられました。)

 

 

 今回の事は色々凹みまして、仕事を終えても解放感というものはありませんでした。

 

ですが、色々勉強になる事ばかりで非常に良い経験をさせて頂きました。

 

 これを糧にこれからも頑張ろう俺。

 

 

 この後、箱書き編を少し綴ります。

 

    

    (よく頑張ったと思って頂いた方は労いのクリックを。

     まだまだ甘いと叱咤して頂ける方は喝のクリックをお願いします)

 

 

  

 

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album