ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 土増やす | main | 読者皆様に陶器をプレゼントします。 >>
2017.05.29 Monday

土味

JUGEMテーマ:陶芸

 

 土味。それは土そのものの個性の事。

 

土味が悪いというとそれはひびが入りやすいとか、成形し難いとかいう事ではなく、

 

無個性だという事です。

 

 それとは逆に土味が良いという表現は、

 

土自体に個性があり且つそれが自分好みだという事です。

 

 

 そして土の個性とは、もちろん腰の強い弱いや、さくい感じ(ざくざくして粘りがないこと)なども含まれますが、

 

一番のポイントは質感と色艶です。

 

                   

 (何度も登場しているこのハイカップ。これは土味があんまり良くない例。これは文様をみせたいので、

  土の質感は大人しく且つ素地の白の美しいものを最初の段階から選んでます。)

 

 

 焼き締め(釉薬をかけない事。備前焼などがそれです)は確かにそうだと思っておられる方はいるでしょうが、

 

施釉するものにおいても、当然土により作品の個性は全く違ったものになります。

 

 

 故に陶芸に携わるものは、その風土の土味を如何に表現するか腐心したり、

 

土をブレンドしたり珪砂や砂利を混ぜたりして、そもそもの素材である土そのものから創り出す事から力を注ぐのです。

 


 

  

            

        (こういうのは土味の良い例。鉄分の多い赤化粧で無造作に線を入れていますが、

          主役はあくまで土そのものだという事がおわかり頂けると思います。)

 

 

            

         (土味を良くするには釉薬も大事です。というか土と釉薬は表裏一体の様な関係です。

           光沢を極力落とした梨灰釉を柄杓かけした後に、松灰を口で噴霧して

          ところどころ黒くくすんだ感じを演出しています。)

        

 

 

 陶磁器の事をまだよくご存じない方は、

 

よく模様の美しさや使いやすさに目が行きがちですが(もちろんそれもとっても大事ですよね)、

 

もし陶芸作家のものを購入する機会があるならば、土そのものに注目してみて下さい。

 

何も模様がなくてじみ〜に見えたものでも、物凄い個性を放っていて実は素敵なものがあるかもしれません。

 

 

 

    

 

 

 

        

  

 

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album