ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2016.02.15 Monday

今回も陶芸体験をして頂く。

JUGEMテーマ:陶芸

 
  (ご了承頂きありがとうございます。)
 
  新たな方が陶芸の体験をして頂きました!

今回も体験して頂くには丁度良い(綺麗に仕上がる、初めての方には少し難しいが、そこまで難しくない)

コーヒーカップと受け皿、マドラーのセットです。


  
 (非常に仕上がりが綺麗。素でびっくりw^^;)


 始めはどなたも手順やポイントがわからないので、手探りの要素が強くどうしても上手く行く事が少ないです。

ですが今回体験された方は、一度しっかりと自分の中で咀嚼されると、するすると要所を抑え、

しっかりしたものを簡単に作られます。

 またとても良く観察されており、

手順迷子もほとんど無く、2つ目の作品はご自身でほぼ完璧に作りあげられました。


  
 (これが二つ目の作品。デザインもシンプル且つよい塩梅です。何よりラインが綺麗!)


 以前の方も、初めて自分がこれを作った時と比較して、

手放しにいっぱい賞賛させて頂きましたが、今回の方も褒めるところしか見つかりません。

この事実を踏まえて、逆説的に寧ろ如何に私が酷かったか^^;

 その様な帰結が容易に出てきそうですが(まぁ私が酷かったのは事実として)、

ここでアップさせて頂いた方が素晴らしいのは間違いありません

(もっと普通の方が沢山おられますので)。

 

  
 (柿右衛門窯のカップやお皿も所持されているとの事。普段からそういうものに慣れ親しんでいる方は
  視点が初めから違うのかもしれません。)

 カップ×2に、皿が数枚とマドラー。結構出来るものですね。

これだけ作ると作陶にかかる時間は3時間程になります。集中しているので大変疲れます。



  
 (疲れたけれどとても楽しかったと言って頂き、こちらこそとても有難く思いました。
  体験の方が楽しんで頂けるのが、私にとって絶対的に一番大事な事。)
 
 
 後は施釉して焼くだけです。良い作品が出来る事を僕も願っております。

これだけ集中されて作陶された作品ですので、きっと良いものが出来るはずです。

M様体験して頂きありがとうございました!
 
 


 何度も言っている事ですが、陶芸は趣味としてとても素晴らしいものです。

興味があるのに行くのを迷われている場合は躊躇わず行く事を強くお勧めします。

自分が作った器やコップで料理を頂くのは、何物にも変え難い喜びがあります。

また、陶芸を趣味としている場合お祝い事の贈答品として大変喜ばれます

(たたら作りなら経験が余り無くてもけっこう様になるものが作れます。)。

 完全手作りなので、心が(否応なしに(笑))こもっており、大切な方への贈答品としてもっとも重宝します。


 それからこれは窯側からの視点なんですが、陶磁器は世界誇れる文化であり、

料理の品々と器を総合して演出するという視点は日本が一番細やかで、

世界的に余り類をみない素晴らしい感覚を持っています(らしい)。

 今は100均で器やコップが買えますし、用途だけを満たすならば、軽くて割れ難く、とても使い勝手が良いものです。

その用途に機能美を見出される方もいると思いますし、その感覚は否定されるべきものではありません。

 ですが、もっと別の価値観。器を一つの美として扱うという事。単なる用途を超えた工芸品の延長としてみるという事。

そういう機能美を超えたところに価値を見出しえる事も日本人の素晴らしい感覚だと思っております。


 (嘘臭く聞こえるので、

うちの窯の考え方や良さを伝えたい。そして私共の作品のファンになってもらったり、

作品を買ったりなんかして欲しいという気持ちは当然ある事を前置きした上で、)

 故に、その一端に少しでも触れて頂きたい、もっと簡単に言えばちょっとでも興味を持って頂きたい、

そういう思いで、体験のお手伝いをさせて頂いています。


 

 

  
 
2016.02.09 Tuesday

御三方のお雛様とお内裏様-完成編-

JUGEMテーマ:陶芸

 お雛様と作陶されていた御三方の作品が出来上がりました!!

もっちゃん(もっちゃんの場合、厳密には作陶作品が違います。すいません^^;) 
Oさん 
Yさん Yさん続き


  
 (試験段階で本人は気に入っていないとはいえ、流石の出来映え。)


 トップバッターは、何回もこのブログに登場しているもっちゃん

(以前の紹介した分は練りこみが入っていたのですが、これはそれ以前に作陶していたもの。
 以前の紹介と今回の作品が別のものですので、お間違い無き様お願い申し上げると同時にお詫び申し上げます。すいません)。

 以前のブログでもお話しましたが、そもそも粘土一枚を折り曲げて

お雛様&お内裏様にするという発想はもっちゃんによるもの。

 裾の広がりだけで、男と女を表現しているのは流石。落ち着いた感じで、バックの雰囲気とも合っていますね。



 
  
 (小物や土台の部分への細かい配慮が、Oさんの細やかさを表しています)

 2番目はOさん。練り込みをマーブル状に仕上げそのニュアンスを活かす為、焼き締めを選択。

透明釉を掛けて焼くのもセオリーなのですが、光沢や窯変を避ける意味もあります。結果、大成功!

素朴な土の味わいと練り込みのアクセント。土台の三島象嵌とシンプルながらもニュアンスづけが効いた作品です。

背景とのマッチングもディモールトベネ。



 
 (3番目はYさん。)

 乳白一発掛けですが、単純にならない様に濃淡でニュアンス付けされています。

しっかり見ないと写真では分かり辛いですが、雛、内裏、両方ともに外側に乳白が薄い茶色く寂びた部分を配置。

各々二つ並べて飾った時を想定した、釉掛けは素晴らしいの一言。

 加えて、ポイントポイントに金をあしらっている為、茶色く寂びた色と金の色の親和性により、

作品の一体感が増しており、錆色と乳白と金色のそれぞれがバラバラではなく、

1つの作品としてまとまりを得ている感じです。



 さて、今回御三方の作品をご覧頂きましたが、作陶歴が一番浅いOさんでも3年以上されているだけあって、

作品のクオリティはもちろんの事、皆様がご自分の思い描いた作品に

ある程度仕上がっているのではないでしょうか。


 Yさんは、お孫さんへの贈答品としてお渡しする予定。Oさんは土台が2つ必要らしく(2対×2作られている為)、

もう一つを作陶中。もっちゃんは*真打の登場を待つばかりといった状況です。

 *真打の登場は未定との事。現在西部伝統工芸展に向けて

大作を仕込んでいる最中の為、時間があればという事の様です。

 
 今回は雛人形の特集でしたが、お楽しみ頂けたのなら幸いです。

それでは、また明日のブログでお会いしましょう。


 



 
2016.02.03 Wednesday

マダム達の心行かし

JUGEMテーマ:陶芸

 
 (あまりに忙しかった為、今回写真はありません。)

 
 Madams(淑女の方々)がろくろ体験にお越しになりました。

8名の予定だったのが、1名減って7名でのご来窯。


 うちの窯のろくろは12台あるのですが、一気に全て回すとブレーカーが落ちてしまうのです。

系統も4つにわかれているのですが、かなり使える電力量に差があり、イマイチわからずじまい。

そういう事もあり、今回は前半と後半で別れて体験して頂く事に。
 
 
⋆うちの窯の体験はお一人様1キロ(ロクロなら3つ4つ作品が出来上がります)をお渡ししています。



  
 (写真はイメージ画像。見えづらいが左側にもう一つ虹がかかっている。きれい。)


 いつも粘土の捏ね方から体験して頂いているので、荒練りからの菊練りを皆様で体験。

少しご経験のある方ならおわかり頂けると思うのですが、陶芸は土捏ねからして難しく、

しかも非常に重要なわけで、当然私が仕上げをさせて頂くわけです(親父が1人分だけヘルプ)。

 
 ロクロの使い方をご説明した後、こねた粘土をロクロにセットしてスタート。

土の伸ばし縮みをやって頂きます。皆様悪戦苦闘されながらも少しずつコツを体得されていく皆様。

さて、土取りや、絞りなどを説明しようと思った隣で、


 いきなり親父がデモンストレーション。しかもかなりのガチ轢き。

(終わって親父に尋ねたところ、デモの途中で飯碗が欲しいと言われた。
 土取りを適当にしていた為、大きさが足りず已む無く大きくした結果、薄くなったとの事。)

集団の方へ細かい工程を1つ1つ伝えるのは困難なので、完成までデモはわかるのですが、

ガチで轢いてしまうと薄くなり過ぎて体験の方が作品に全く触れられなくなるので

デモの場合でも、私はいつも完成まで7割、8割で止めて余裕を残して、体験の方にちょっと手を加えて頂いています。


 ロクロというものはとても難しく、尚且つ右も左もまだわからない体験の方々は、仕上がりが綺麗になる為

手伝ってもらう事を段々求める様になるのですが、いきなりMAXで最後までやってしまうと、

最初から、完成まで形を作ってもらいたくなる傾向があります。

 故に、皆様の作品を片っ端から、ほぼ我々が作る事に。


 (私の基本的な考え方として、体験の方には難しくても

ちょっとずつコツを掴んで頂いて(1つ1つの工程で困難があれば、全て手助けさせて頂きます)、

多少いびつでもご自分の作品を残して頂く事が念頭にあります。

おまけとして私がある程度轢いたものを1つ(当然ご希望ならいくつでもw)お渡しして、仕上げだけして頂く事。

その方が満足度、陶芸へのご理解、作品の完成度や愛着といったものがバランスよく高くなるのではと思っています。

ですが、何よりもその方が求めておられる事を理解し、楽しかったと思って頂く事を最優先に考えます。)


 そういう私の気持ちは崩れましたが、集団の方々を一斉にご教授させて頂く場合、

父親がした様に細かい工程の説明を省いて、一気に完成の形までもっていった方が結果的に良い事も事実。

(初心者の方はマンツーマン(かせめて1:2)でつきっきりでないと到底教えられず、作品が出来ないからです。)

私は8割程轢いて(ガチでの作陶は流石に良くないです)、

ちょっとアクセントをつけて頂いたり、鹿皮や紐で切る体験をして頂いたりして、

何とか皆様3つ4つ作品を残して頂く事に成功。


 
 昼食を挟んで、後半組みの3方にバトンタッチ。

さてまた土捏ねから1つ1つ体験して頂き、ロクロに土をセットして頂いてからある事に気づく。


 親父がいない。


 後半組みの方は前半見学されていたので、当然前半の雰囲気を引きずっているわけです。

土の伸ばし縮みだけやって頂いた後、やはり私がほとんどの工程を作る事に。

私が1人の方の作陶なり、修正なりをしている間、他のお2方は自力で何とかされようとしているのですが、

こちらが細かいポイントを伝えきれていない事と、綺麗な形を見ている為、ほぼ私待ちの状態。

 もうちょっとマンツーマンでついて、色々細かい点を説明させて頂く事が出来たら、

ちょっとした閃きで大きく上達が見込める様な雰囲気の方々だったので、それが些か悔やまれるところ。

 結果、後半の方々も、3つ4つ作品を残して頂く事に成功。

結局最後まで親父戻ってこず。

 (どういった用事かは不明だが、同級生が来てその応対をしなければならなかったとの事。)


  
 (秀高窯は庭に四季折々の花が咲き、それを楽しまれている教室の方やお客様が多くいます。
  ですが私というフィルターを通すと、「とても綺麗な赤い花」となります。椿ですかこれ?)

 
 上手くこちらが対応出来たのか。それはいつも気になるところ。

私の主観なので真偽の程は定かではありませんが、

皆様楽しんでおられる雰囲気だったので、今回は成功と言ってよいのか。

 *次回はもっと体験の方が楽しんで頂く為に頑張ろう。そう思った一日でした(毎回思います^^;)。


 
 *次回=秀高窯では、ろくろ体験は、ただろくろ体験するだけに非ず。 
 
ろくろ→削り→施釉 と全て体験して頂けるのです(しかもたった1500円!)。

こんなところはあんまり無いと思います。

 故に次回とは別のお客様ではなく、今回と同じ方々。具体的には来週です。


 
 (ランキングも上位に来て、既に恵まれている私に更に愛の手を。)


 
2016.01.31 Sunday

続・Yさんの場合

JUGEMテーマ:陶芸


 前回より。  

 ついにYさんの素焼きが上がりました。

細かいつなぎをしたにも関わらず、ヒビ割れも取れた部位も無く予定通りの仕上がり。

こういうところに作陶歴による経験の差が出て来ます。
 

 
 (青い部分は呉須。乳白釉を掛ける予定。ちょっとしたアクセントを出す予定の様です。)


 綺麗に焼きあがっています。作業の丁寧さも良くわかります。


 

 撥水剤を底部に塗布し、その後釉薬をかけます。




 
 (真ん中の道具を釉薬を口で吹きかける道具。今回は釉薬の垂れを嫌いどぶづけでなく吹き掛けを選択された模様。すごい!!)


 乳白を掛け終えた状態。

口吹きで釉薬をかける場合、(しかも今回は乳白釉の為、ある程度の厚くかけなければなりません)作品の大きさや

その表面積にもよりますが、大変な肺活量を必要とします。

 普通の方は噴射によるニュアンスづけで口吹きで施釉をするのですが、Yさんはコンプレッサーの代わりに使用しています。

確かにコンプレッサーを使用する場合は、準備やセッティング、風や天候の事も考えなければなりませんが、

口吹きならばそういった手間が必要ありません。

 ですがそれにしても、私がこの作品を口吹きした場合、猛烈な酸欠状態になる事が予想されます。

蛇足ですが、Yさんは握力も50キロ台後半をマークされるという剛の者っぷり。口吹きも納得です。


 豪快(に見える)Yさんですが、それだけではない細かい部分の配慮と丁寧さも備えられています。

ものすごい大雑把な様に見える部分に驚く事もありますが、

細かい部分において繊細な仕上げをされている姿をよくお見かけします。

 つまり大雑把な部分は、あくまで傍からそう見えているというだけで、

作品としての勢いと大事にされている事が、細部の仕上げ方よりわかるのです(褒めすぎw?いやそんな事は無い。)。

そもそも上の画像の様な人形を作れるという事自体、その証明です(私は作れません!)。


 さて、後は本焼を待つのみ。

どんな仕上がりになるのか非常に楽しみです。


 



 
2016.01.26 Tuesday

Oさんの場合

JUGEMテーマ:陶芸

 
(Oさんはむちゃくちゃスポ根系の方)
 
 Oさんも板作りの応用からスタート。



 
 (やる気と根性が有り過ぎて、その心意気はプロでも敵う人はそんなにいないんではないでしょうか)

 一枚の粘土を切らずに、服にするという発送はYさんもそうだったのですが、

そもそもはもっちゃんの着想。別に特許は無いですが、もっちゃんの許可(寧ろもっちゃんはアドバイスしています)を

取った上での作陶です。

(流石はもっちゃん。作陶歴20年以上は伊達じゃない)


 
 (時間に都合がつく限り、必ずうちに来られて技術を磨いておられます)

 ディティールの調整中。



 
 (Oさんは指にガングリオンが出来れば(ロクロが轢けない為)タタラ作り。
  ぎっくり腰になれば、(ロクロも板作りも出来ない為)道具箱のお掃除に来られます。
 もし腕が折れても彼女はきっときます。足も然り。きっと魂だけになっても来られる事と思います。)

 これはお内裏様ですね。雰囲気が出てきました。


 
 (気持ちがダレそうになった場合、私はOさんを思い出します。何故ならOさんはそういう事は有り得ないからです。
  陶芸で御飯を食べて行こうという立場上、趣味の方に気持ちややる気が負ける事はあってはならない事です)
 
 頭の載せ物が出来て、はっきりしました。




 
 (正直僕が情熱が勝っているかは判定は微妙なところですが、陶芸しかしていない自分は、家事も仕事もしているOさん
  よりも考える時間含め陶芸全般に割いている時間はなんとか勝っていると思います。
 (と信じています。そう注意書きしなければいけない程、その位Oさんは半端ないんです(滝汗)
  ほぼ僕は日々過ごす上で陶芸の事しか考えていません。)

 
 Oさんのオリジナリティは画像ではわかり難いですが、

これがマーブル上の練り込み(練り上げ)になっているところです。

単なるお雛様の作陶ではなく、陶器特有の個性とオリジナリティを大事にして表現している作品です。

伊達に私より先輩(陶歴もそして高校もです(笑))ではない陶芸に対する理解と、

作陶のセンスが光る作品になっています。

 因みに土台右下の素敵な文様も、ご自身が石膏を掘って作った判子の文様です。

あとは(やっぱり)窯神様にお祈りするだけですね!


 
(右手人差し指がお暇なら、ボチっと上の画像を軽くクリックして頂けると大変有難いです。
 腱鞘炎やつまらないなどの理由で無理なら全くかまいません。ご覧頂いただけでありがとうございます。)

 
Powered by
30days Album