ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2017.04.26 Wednesday

雨の日と暑すぎる(寒すぎる)日は

JUGEMテーマ:陶芸

 

 皆さんは陶芸の為に、陶芸ではない事何かやってますか。

 

抽象的でわかりにくいですね。言い換えるならば、陶芸力をアップさせる為に、

 

陶芸以外の何かをやっているかという事です。わかりづらさは変わらずですが進めます。

 

 

 私は走り込みです。

 

ですが寒すぎず暑すぎず雨の日でない日限定。

 

緩いんですが、今の時期などはほぼ毎日走ります。

 

ジョギングと言わないのは、もっときつい何かを魂的に課しているからです。

 

距離も大体10キロとまぁまぁ長めです。

 

(ハーフ走ると足にダメージが残りすぎるので却下。フルは無理。)

 

    

    (脳内参考図「行き」)

 

 

 運動不足と肥満の解消の為が主たる理由です。

 

自分の仮想適性体重より増えてしまうと

 

気分的にちょっと感覚がもっさりした感じになる気がして、また気持ちがだらけている証拠である為、

 

戒めも含めて走る事になります。

 

 この時期に必ず走っているという事は、必ず太っているという事。

 

なんでこうも私はとても意思が強く且つとても弱いんでしょうね。

 

画像がその答えかもしれません。

 

 

 

    

    (脳内参考図「帰り」)

 

 

 走る事において、心身を鍛える以外にもメリットはあります。

 

漠然と大作に対する技法やデザインや釉の仕込みの事なんか、

 

走りながら、考えたり思い浮かべたりする時間ともなっているのです。

 

 このことが割と貴重で、走るのはしんどいし嫌なので走ってる事を忘れるくらい考えに没頭する事で、

 

走っているという嫌な自己認識からも解放されつつ、

 

陶芸の技法や文様を考える有益な時間ともなるわけで一石二鳥です。

 

 

 

 夏休みのkidsの様にぐるぐる走り回り過ぎて、

 

足の親指の爪が内出血とダメージで取れてしまったり、膝の骨が痛くて屈伸出来ない様になるのが毎年の常なのですが、

 

今春はそういう事もなく、ただ心臓の裏側あたりに違和感を感じる事があるくらいで笑

 

快調なのでとても良かったです。

 

 というわけで皆様にもお勧め致します。

 

 

 

   

  (この画像をクリックして頂ければ、あなたに感謝の念を送らせて頂きます)

 

 

  

2017.04.04 Tuesday

遷都

JUGEMテーマ:陶芸

  

   暴君に洛陽が燃やされた(予定)為、長安に遷都しました。

 

 

 

        

        (以前の都。洛陽での作業風景。右側に謎の唐辛子の瓶)

 

 

 

        

        (新転地長安での作業風景。悪くない高さです。)

 

  新天地に移って気分一転。

 

古の帝都は情緒があって、空気も景色も良い感じです。

 

今後はここから頑張っていきますので、どうぞ皆様よろしくお願いします。

 

 

 

 

  

2016.07.26 Tuesday

陶芸仕掛けの俺ん家

JUGEMテーマ:陶芸

 

 俺のデボーチカがシンセメスクでトんじまって、本当にグブリ話だ。

 

だけど奴らはこれはドレンクロムだと言うんだ。結局スタージャ行きさ。更生して帰って来る事になったが、

 

送料は俺に持てと言いやがる。ヤーブロッコにはアルトラが基本だが(プティッツアだったが)、俺も大人だ。

 

結局ドゥービドゥーブと言ってやった。

 

 一週間後、デボーチカが帰ってきたが、記憶の一切を無くしちまって、だから俺は暫くガリバー病になって、

 

色々とおかしかったんだが、最近漸くホラーショーなウォーブルをスルージー出来るような気分になって、

 

今は最高にハイって奴さ。

 

 そう、俺は直ったんだ!!

 

 もう少し時間がかかると思うが、ベロセットでもキメながらライティ・ライトしてくれると助かる。

 

アピ・ポリ・ロジー。

 

 

  

   (展覧会用に仕込んだ桶型の大皿。施釉の段階で壮絶に失敗し結局お蔵入りに。画像だと線がふにゃふにゃに見えるが

    然に非ず。一応まっすぐです。)

 

 

 (訳) 買ったばかりのパソコンが壊れてしまって方々手を尽くしましたが、

 

    結局初期不良ということで、ストレージ関係を総交換という事になりました。

 

    ありがたいことにパソコンは完全に復旧しましたが、初期化されて戻って来た為、

 

    UPまでに8、9割方完成していたHPが飛んでしまって、しばらくやる気が失せていました。

 

     最近やっと持ち直して、またやり直しているところですので、もう暫くブログ復帰には

 

    お時間を頂く事になりますが、暖かい目で見て頂ければ幸いです。

 

 

   

  (轆轤成型した平皿。デザインは気に入っているが、色があともう一歩。)

2016.02.25 Thursday

DEEP IMPACT

JUGEMテーマ:陶芸

  このブログのコンセプトは専ら陶芸に関わる事のみとして、

幾らかの例外はあるとしても、ストイックにそれ以外の事は書かない様(出来るだけ)心がけています。

そして先に申し上げておきますが、

このブログは例外ではなく、私の中ではぎりぎりセーフです(必死)

 
 休日前日の夜。

ブログも書き上げ、完全オフになった喜びで、
 
お酒を飲みつつ、夜遅くまで大好きなバンドのlive映像なぞを横になって観ていたのです。


 電気も消さずに、寝落ちした日の朝は

それはまるで、園児の工作で、胴体に両横からセロハンテープで頭を貼り付けたロボットの様に、

首の可動域がなくて、

 70度くらいだろうか。片側ではない。左右両側の合計角度です。(それ以上はテープが剥がれてしまう。)

ガチガチに固まった首をほぐしながら向かった先は、

そう歯医者だ。

 (以前のブログでも申し上げたが、私は年末から歯医者に通っていてそれがまだ終わりを迎えていないのです。)

 
 ご想像にお任せする通り、

寝たり、起こされたり、寝たり、起こされたり、そしてまた寝たり起こされたり。


 これは新種の拷問であって、憲兵隊が今の時代にあったならば、

手始めくらいになら結構使える手段としてご提案申し上げたいところ。

 上がる最後の一上がりと、下がる最後の一下がりがクッっと踏ん張らないといけない。

これがねぇ、きっついんですよ。

 歯を削られたり、歯茎を電気メスで切られたり、歯を両断されたりと色々されましたが、

この寝違えの痛みはわかりやすいだけに、痛みの質こそ違いますが、かなりのインパクトでした。

 
 衝撃具合で言うならば、

陶芸で大作を作る場合、ろくろに正方形の角を落とした8角形の木の板を嵌め込んで作るのですが、

轆轤を高速回転させている時に、

その木の角で膝を思いっきり打ち上げた時くらいの衝撃があります(この事例をもってぎりぎりセーフ)。


  
  (状況は違えど、大体こんな感じ)

 
 施術が済んだ際、

「首に気を付けてくださいね」と衛生士さん。


歯医者で歯の事は触れられず、首を労われるのは初めての事で、

専門外の事まで心配され、

改めて自分の情けなさ加減を認識させられた

私は、

首の可動域に問題がない適度に下を向きつつ、

歯医者を後にした。

  
 
 
(今日の様なブログは上の画像をクリックされなくても構いません(もちろんクリックして頂ければありがたいですが)。
 駄文すいませんw)

 
 
 
2016.01.23 Saturday

応援して頂いていた皆様本当にすみませんでした。

JUGEMテーマ:陶芸

 
 (己の馬鹿さ加減に生命の炎が消えかかっている状態です)
 
 私は大した陶芸家でもないし、方向性や考え方としては工芸会なのですが、

肩書きなんて全くないピヨピヨした存在です。

 
 
 
 (イメージ画像)

 ブログ投稿当初はルーレットのお陰(ブログランキング参加者にはルーレットを一日一回

回す事によりランキングポイントをもらえる公式的ずるが出来るのです。

恐らく参加間もない頃は大人の事情で多くポイントがもらえる様設定されていると考えていました。今も思っています。)

もあって、ポンポンランキングが上がっていたのですが、

回を重ねる程、ランキングがずるずる下がっていくばかり。

 参加されている皆様に比べ私などイメージ画像のそれ。

当然の事だと完全に受け入れていたのですが、今しがたリンクを貼り間違えている事に気づきました。

つまりドラゴンボールで言うならば、重い道着を着て知らず知らずの内に戦っていたのです。
 
H×Hで言えば、念も知らないのに、200Fクラスの戦士と戦っていたのです(微妙に違う)。

陶芸で言えば、曜変天目を作りたいのに、強還元(後日訂正。還元ならあってますねw酸化ですw^^;)

で焼成していたのです(もっと違う)。
 
 
 ともかく、どうもおかしいと思っていたんですよ。

押したよ〜と言ってくれた人がいるにも関わらず何もポイントが入っている気配がなく、

実はそう言いつつもポチっと敢えてしない事で、私のブログのつまらなさを気づかせてくれているのかと

勝手に深読みし過ぎて反省してみたり(泣)

 
 もうここからはリミッターが完全に解除されている状態ですので、後はただ躍進するばかり(なはず)。

ここからの私の活躍?を見守っていて下さい(これで言い訳できなくなったとも言う。

だが既にいつもの定位置から10位以上もジャンプアップしています(笑)これはもう既に私活躍していますw!)。



 一度でもランキングのボタンを押して頂いていた方、本当に申し訳ありませんでした。
 



 真の覚悟はここからだ!大村倫一先生の次回作にご期待下さい。
 
 (これがブログランキングのボタンの画像です)
 
 
 
Powered by
30days Album